ダイエット~節酒~

ダイエットを始めました。節酒ダイエットをしています。
1年に360日くらいお酒を飲んでいるので、1年に180日くらいに減らそうと思います。お酒を飲むと、つまみが食べたくなってしまうんです。
無性に。しかも、おいしいんです。
やめられない、とめられない、のです。悪循環です。

お酒で太るは本当なのか。本当にお酒の量が多いと太るのでしょうか。
お酒で太るメカニズムと、太りにくい飲み方を調べてみました。

実は、アルコールは体内で血行の促進や体温を上げるなどの働きで、燃焼されやすい。
ウイスキー・・・・237キロ㌍
日本酒・・・・104キロ㌍
赤ワイン・・・・73キロ㌍
ビール・・・・40キロ㌍
(いずれも100mlあたり)

決して高カロリーではないお酒、ではなぜ「太る」というレッテルを貼られてしまうのか。お酒を飲みながら料理をつまんでいると、気づかぬうちにいつもよりたくさん食べているのが原因。

お酒の糖質に注意!糖質はエネルギーとして消費されないと、脂肪として蓄積されてしまう性質があるため、糖質の高いお酒と糖質や脂質の高いメニューを一緒に摂ると、がっつり体内に蓄積されてしまう。

お酒の糖質量
ウイスキー・・・・0.0グラム
日本酒・・・・3.6グラム
赤ワイン・・・・1.5グラム
ビール・・・・3.1グラム
(いずれも100mlあたり)

アルコール度数にも太る原因が!本来は食事で摂ったほかの栄養素も、エネルギーとして消費されやすいように肝臓で分解されているのですが、そこに大量のアルコールの解毒作業に時間と労力がかかり、ほかまで手が回らない状態になる。
こうなると、代謝機能が落ちて栄養素が脂肪として体内に蓄積される。

お酒の太りにくい飲み方!蒸留酒(ウイスキー、ジンや焼酎など)を飲む。
ただしアルコール度数が高いので、水割りやお湯割りで飲むのが必須。体の冷えは代謝を下げるので、焼酎のお湯割りやホットウイスキーをゆっくりと味わって飲むのもよい。

飲む前に食べ順を気にする!糖質の高いものを最初に口にすると、血糖値が急上昇して太る元になる。
飲む前にサラダや枝豆、ナッツ類など、植物繊維の豊富なおつまみを口にすると、血糖値の上昇が穏やかになるので、お酒太りしにくくなる。

ちょっとの意識で太りにくく!何事も適度が1番ですね。
無理しすぎず、上手にお酒を楽しみます。あー、お酒飲みたい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP